So-net無料ブログ作成
家庭菜園 ブログトップ
前の3件 | -

油断のせいで無職の生活設計が狂ってしまった [家庭菜園]

最近涼しくなったお陰で、夏場に成長が止まっていた小松菜たちがグングン成長しだしました。

私は成長した小松菜を一気に株ごと収穫するのではなく、外側の葉から順にかき取り収穫しています。

リーフレタスとかだと一般的な収穫の仕方ですね。

そしてかき取り収穫に合わせて次の小松菜たちを育成しているのですが、油断している隙にやられちまったようです。

発生してやがりましたよ、ムシ共が!

プランターに防虫ネットを掛けて育成しているので、まあ大丈夫だろうと油断していました。

普通の青虫類なら被害がすぐ分るんですよ、葉っぱを食い散らかすから。

でもその形跡が見受けられなかったので発見が遅れたのです。

新芽の部分がしな垂れてしまっていたので気がつけました。

そして防虫ネットを外して良く見てみると、何やら新芽の根本付近で蠢くモノが・・・

長さ数ミリ程度で乳白色ベースに黒い縦縞と黒い頭を持った芋虫でした。

お初にお目にかかる害虫です。

青虫やヨトウ蛾の幼虫はお目にかかった事がありましたが、それとは違う色をしている上に食害部分も違っています。

必死にグーグル先生に教えを乞いましたが、該当する虫が見当たりません。

そこで検索単語を小松菜からアブラナ科に変えて検索したところ、いましたよ、それらしいのが。

「ハイマダラノメイガ」ってやつの幼虫ですね。

別名「ダイコンノシンクイ」とか「ダイコンシンクイムシ」とかって呼ばれてるみたいです。

その名の通り大根の害虫としてメジャーらしいですね。

虫嫌いの方のためにも写真は撮っていませんよ、実物を見たい方はググって見てくださいね。

こいつ物凄く厄介です。

新芽の茎の根元部分に隠れてやがるので、小松菜に傷をつけずに排除するのはとても難しい。

しかも被害が新芽なので新たな葉が育ってくれません。

つまりかき取り収穫が出来なくなりました。

仕方が無いので株ごと収穫に切り替えましたよ・・・orz

しばらくは小松菜を主力選手にするはずが・・・

この「ハイマダラノメイガ」は成虫も1センチ程度の小さな蛾らしいです。

防虫ネットの隙間から忍びこんだか、先日実施した第1回かき取り作業時にネットを外した隙を狙われたか。

まだ青虫の被害の方が微笑ましいレベル。

どんどん芋虫に詳しくなっていく自分がいます。

何にせよ次回の買物時には何か野菜を買わんといかんなあ。




コメント(2) 

貧乏人はオクラ食え [家庭菜園]

表題は池田勇人氏が言ったとされる「貧乏人は麦を食え」をもじっただけのものです。

随分と問題視されたらしいですけど、如何せん私が生まれる以前のお話なんでどうでも良い事ですね。

まあ実際には所得に応じたライフスタイルに合わせて、米を買えない人は麦を買って穀物からの栄養を取ってね!ってだけの、至極当たり前な発言だったらしいですけど、今も昔も大手メディアのやり口は変わんねえなってだけの事です。

そしてここからが本題。

オクラ良いですよ~

特に貧乏リタイア酒呑みにはもってこいです。

まあ貧乏でもリタイアしてなくても酒呑みでなくても、オクラがお嫌いでなければ自分で育てるのが一番な食材だと思いますね。

オクラ3.jpg
こいつは昨日と今日で収穫したオクラです。

日照の関係で若干緑が薄いですが味は美味しいですよ。

ちなみにこいつは丸オクラってやつで、スーパーで売ってる角オクラよりも大きくなっても十分食べられる、まさに貧乏リタイア酒呑み向き。

この写真のやつも、市販のオクラの1.5倍くらいの大きさがあります。

オススメポイントはそれだけじゃあございませんよ。

何と!ほとんど手間いらず!

実際、今回の私の栽培優先度は、ナス>ピーマン>オクラの順だったので、プランターも優先順位に従って大きさが変わりました。

つまりオクラは余りものの小さめな鉢だったのです。

でも私には妙な確信があったのですよ、オクラが育ってくれるだろうって。

以前にそれより小さなペットボトルで室内栽培して、2つだけ実を結んでくれたオクラに絶大な信頼を持っていたからですね。

信頼に応えるどころの騒ぎじゃございません。

それ以上ですよ。

4株をプランターと呼ぶには恥ずかしいくらいの小さな鉢で育てているのですけど、1日に1~2個は実を収穫出来ます。

1年で判断するのもどうかと思いますが、育成の容易さは、オクラ>>>>ナス>>>ピーマンですね。

ナス、ピーマンには農薬を使用していますけど、オクラは一切使わないのに一番の収穫量。

ピーマンに見切りをつけたので、来年はピーマンに変わってトマトを栽培しようと思いますが、これの結果次第ではオクラ育成枠がさらに増えるかもしれません。

オクラは本当に楽です、チートが疑われるレベルです。


コメント(6) 

金が掛かっていないと錯覚できると得をした気持ちになれます [家庭菜園]

関東地方に到達する前に力尽きて温帯低気圧に変身を遂げた台風6号ナーリーさんですが、それでも雨風は強くなったのでプランター作物たちが気がかりでした。

被害的にはナスの花がいくつか飛ばされていたようですけど、受粉済みのやつかもしれないので被害ゼロだったと言っても良いでしょう。

そんな台風がやってくるような暑い季節が到来した事もあって、栽培中の夏野菜たちが収穫できるようになってきました。

特にオクラが順調に収穫出来ています。

現在4株のオクラを育てており、ナス・ピーマンに比べて小さなプランターしかあてがわなかった為に心配していましたが、杞憂だったようでナス・ピーマンよりも順調過ぎるくらい順調ですね。

涼しかった7月前半はナスの生育がストップして心配しましたが、こちらも花と実を付け始めたので一安心。

そして昼酌のツマミとして収穫したのが↓です。
ツマミ.jpg
こいつらをツマミとして食しましたよ。

単純にオクラは茹でただけ、ナスは半分に切って焼いただけです。

この素材が料理に変わった姿は写真に撮っておりません。

何故かと言えば、私の料理&写真スキルでは「美味そう!家庭菜園始めちゃおう!」って気持ちを起こせないだろうとの判断ですね。

素材の写真だけを見せて、あとは皆さんの想像力に訴えて美味しそうな料理をイメージしてもらう作戦です。

何にせよ、金を払って買っていないのに美味しいツマミが出来る。

お得な気持ちになれます。

実際には掛かっているんですけどね、でも店で買うよりお得な気持ちになれるのです。

野生のハンター2.jpg
そしてこちらは先日見かけた、我が野菜たちの用心棒です。

前回見かけたときは茶色の姿でピーマンを守っていましたが、すっかり緑色になってオクラの巡回をしているようですね。

完全肉食のムシは安心して愛でる事が出来ます。




コメント(4) 
前の3件 | - 家庭菜園 ブログトップ