So-net無料ブログ作成

賞味期限に対する感覚 [食事]

私は基本的に見切り品優先の買物なので、自然と賞味期限間近で食品を買うことが多くなります。

必然的に賞味期限切れを起こす食品を多く抱えるリスクに見舞われます。

まあ消費期限はともかくとして、賞味期限はそこまで神経質にはなっていません。

でも大して気にしないとは言いつつ、やはり賞味期限ギリギリになってくると「早めに消費しよう」って気持ちになりますね。

ですが不思議と賞味期限ギリギリだと焦るのに、いざ切れてしまうと「まあ消費じゃなくて賞味期限だし・・」って気持ちになって焦りが無くなってしまいます。

期限って言葉には人を焦らす何かがあるのでしょう。

賞味期限切れの食品を日常的に抱えているのが当たり前な生活になっている私が、なぜこんな話題を持ち出したのかと言えば、出てきたからですね年代モノが。

その年代モノとは乾燥ひじきです。

社畜時代の後半は少しでも食費を削ろうと、昼食は外食から弁当に切り替えました。

その頃は週末に小分けのおかずを一週間分作って冷凍していましたが、その目的で購入したものの戸棚の奥に入り込んで忘れ去られていたのでしょう。

賞味期限を確認したところ2013年6月でした。

ほぼ6年寝かせたビンテージ品ですね。

少しの躊躇があった後に、「乾物だし、未開封だし、いけるいける!」と勇気を振り絞って炊き込みご飯の具にしました。

それが一週間ほど前。

何度か少量を炊き込みご飯に混ぜましたが、今のところ何も不具合を感じていません。

まあ時限爆弾のようにじわじわ影響が来るかもしれませんけど、仮に来た所で気がつきはしないでしょうね。

しかし賞味期限がギリギリになると焦るのに、大きく切れた賞味期限には焦りも感じやしない。

不思議なものですね。

でも宿題だとかも提出期限を過ぎたら過ぎたで開き直れますので、こいつもそれに似た何かなのでしょうか。




コメント(6) 

料理スキルが無い貧乏中年無職でも満足できる料理 [食事]

私は菩薩の如き寛大な舌を持っているので、大して料理スキルが無くても不満を感じない食生活を送れています。

ただし不満と満足は違いますので、より美味しく食べられるなら、それに越したことはありません。

なので金や手間が掛からない料理であれば、すぐに飛びついて食事の質を高めようと試みます。

そんな折、週一ペースの買出しに出かけた時に遭遇して買い込んでしまった、ショウガの見切り品の消費ペースが遅くて思案していました。

夏場は消費ペースが早いんですけどね、ショウガ。

豆腐やザル蕎麦の薬味などで、すぐに無くなります。

冬場も、焼酎のショウガ割りがコストが安い上に温まるので活躍の場がありますが、以前に比べて酒量自体が減っているので、自然とショウガの消費量も減るのです。

で、そんなショウガの用途を、冷蔵庫を開ける度にどうしようと思っていたところに、たまたまインターネットを彷徨っていると見つけました。

ショウガの炊き込みご飯が良いぞと。

私は炊き込みご飯と言えば、五目ご飯のイメージが強かったので、ショウガを炊き込むなんて全く頭の片隅にすらありませんでした。

上手く行けば儲けものと何度か試してみたところ、これが非常に炊き込みご飯に合います。

正直言って、おかず無しでも大丈夫なくらいですね。

おかず無しじゃ、栄養バランス的にはマズイでしょうがウマイです。

普段の米炊きのついでに、調味料と刻んだショウガをINするだけで良いのが素晴らしい。

お陰で最近は、白米で食べる事が極端に減ってきました。

料理スキルもお金も無い貧乏リタイア生活にはもってこいですね。

さらに貧乏リタイアの食生活が充実してしまった。




コメント(4) 

なるほど確かに蒸しパンだ [食事]

以前に重曹とクエン酸で、自作炭酸水を作っていると書きました。

さすがに冬になると、あまり炭酸水を求める気持ちが湧き立たず、自作炭酸水は休業状態です。

冬場なので、湿気る心配はほとんど無いものの、やはり開封済みの重曹を出来れば早く使い切りたい。

そんな時に、某巨大掲示板のドケチ板を徘徊していると、小麦粉と重曹で蒸しパン作って食ってるとの書き込みを目にした事を思い出します。

この書き込みを見たのは随分と前の事ですが、重曹の使い道に思案していた今の私にピッタリだと思って調べてみました。

調べてみましたと言っても、それ自体も去年末あたりの事で、興味を持ったものの手付かずの状態でした。

何故かと言えば、重曹で作ると苦いだ何だと、結構ネガティブな意見も多かったので、料理スキルの無い私に果たして食べ物と呼べるモノが作れるのかと、及び腰になったからですね。

そんな及んだ腰にムチを入れて、試しに作ってみました。

調べた限りでは小麦粉100グラムに重曹小さじ1/2杯くらいの比率で良さそうで、そいつに砂糖小さじ1杯を追加して牛乳を大体(量っていません)100mlくらい加えて混ぜました。

それをラップを敷いた耐熱容器に入れて軽くフタして、レンジで2分30秒チンします。

容器にラップを敷いたのは洗い物が面倒だったからですね。

出来上がったモノを見てみると、確かに蒸しパンっぽい見た目になっていました。

店で売っている蒸しパンに比べると、仕上がりにキレイさが欠けてはいるものの、それっぽく見えます。

味も恐れていたような苦味は感じませんでした。

まあ私の舌は、菩薩の如き寛大さを持っているからそう感じるだけで
出来損ない.jpg
と、この人には怒られてしまう出来かもしれません。

蒸しパンと言いつつも蒸していないので、厳密には蒸しパンじゃなく、レンジでチンしただけのチンパンですね。

チンパンだと何か馬鹿にされた気がしますね。

そんなチンパンですが、手っ取り早く小腹を満たすにはもってこいだと思います。

見切り品のパンを頑張って探すよりは、小麦粉+重曹でチンパンしたほうが楽ですね。




コメント(4)