So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
セミリタイア ブログトップ
前の3件 | -

今日は失業認定日なのでハロワへ。帰りにウエルシアに寄ってみました。 [セミリタイア]

残り少なくなって大詰めを迎えてきたハロワ通い。

本日の失業認定+職業相談を終えれば、残る職業相談は1回のみです。

そして次回の認定日でエンディングとなります。

今回の職業相談も、攻略法を見つけた私の敵ではありませんでした。

ものの1分で職業相談を終えて、無事にハンコを貰う事に成功。

認定で少し待ちましたが、ハロワのドアを開いてから脱出までの所要時間は20分です。

今回も良い仕事をしました。

そして帰り道、私には計画がありました。

今回の認定日が20日だったので、ずっと何かが引っかかっていたのですが、昨日になって、それが何か分かりました。

ウエルシアでTポイントがお得に使える日だったんですね。

最近は唯一Tポイントを使う店だったファミマに寄ることも無くなっていたので、色々な方のウエルシア記事も流し見する程度でしたが、ついにウエルシア1.5倍デビューの時が来ました。

と言っても大したポイントはありませんけどね。

ウエルシアの価格帯も良く知らないので、今回は様子見がてら店内を物色しました。

まずは最近の草不足をどうにかしないといけませんので、食品コーナーへ向かいますが、やはり薬局ですねえ、値引き分を考えても野菜は食品スーパーで買うべきのようです。

で、悩みに悩んだ挙句、最終的に購入した物は、10個パックたまごとビール(第3)の6缶パックです。

たまごは162円が108円になるのでお買い得だと感じての事。

ビール(第3)は656円が437円ですから、かなりお買い得になりますね。

アルコールは、どの店も横並びに近い価格帯ですから、Tポイントがあればウエルシアで買うのがよさそうです。

普段の買物ルートから外れる場所にありますが、それでも行く価値は十分にあります。

呑兵衛には有り難いお店ですよ、Tポイントがあればですが・・・




コメント(0) 

親と同居しているとセミリタイアの難易度が上がると思う [セミリタイア]

私がセミリタイアを意識したのは40歳になったあたりです。

既に両親は他界していたので、自分以外に気にする将来も無く、決断さえすればすぐに実行に移せました。

40歳より前に両親が他界しているのは、両親は二人とも私の同年代の平均より、10歳以上の歳をとっていたからです。

そこで私の両親が10歳ほど若かったらと仮定して、今と同様にセミリタイアに踏み切れたかを考えてみました。

10年前には母親はまだ存命しており、父親はその4年前に他界していますね。

そして母親の認知症の症状が出始めたところ。

この状況でセミリタイアに踏み切れたかと言えば、踏み切れなかったと思います。

衰えていく親と毎日のように顔を会わせるのです。

先々の不安に襲われて、セミリタイアなどは頭の片隅にもよぎらないでしょう。

実際に10年前には、将来に対する唯ぼんやりとした不安のようなものを感じていたと記憶しています。

頭によぎるのはセミリタイアではなく、介護離職のほうだと思います。

親が別な兄弟と同居しているとか、同居していても衰え知らずの健康体でもないと、セミリタイアに思考が向かないでしょうね。

マイナス環境を蹴散らす十分な資産が、親か自分にあれば話は別ですが。

私と同年代、40半ばの多くの人は、そろそろ親の衰えを突きつけられていると思います。

そんな事を考えながら、セミリタイアを目指す人は世の中では少数派なんだなと、自分の中で納得していました。




コメント(6) 

ハロワに行ってきました。これで残り3回。 [セミリタイア]

今日は秋めいた涼しさな上に雨も降らなさそうでしたので、求職活動実績作りと買出しに行ってきました。

既にハロワ攻略法を見出していますので、刺身にタンポポ乗せるだけの簡単なお仕事レベルです。

今回も目ぼしい求人票を2枚ほど印刷して職業相談に臨みます。

そして職業相談では、開口一番に「持ち帰って詳しく検討したいので応募状況を教えて」とセリフを発します。

これでミッションは完了。

応募状況を聞いたあとは「ありがとうございました」とセリフを発して求職活動実績スタンプを貰います。

ラジオ体操のスタンプを貰うより簡単な作業ですね。

ハローワークには真剣に求職活動に来ている人しかいない事に、名目上はなっているわけです。

ですからハロワ職員も、基本的には熱心にサポートしなければならないのですね。

しかし、私がようやく見出せたセリフである「持ち帰って詳しく検討したいので応募状況を教えて」には、真剣に求職活動をするが今ここでは応募せんぞ!と言った意志を伝えられます。

このセリフなら、ハロワ職員も深く突っ込まずに実績スタンプ狙いと判断できるのです。

そんな訳で、前回の最速タイムには及ばないものの、今回もかなりの好タイムを叩き出せました。

これで残るは認定日2回と求職活動2回ですね。

認定日と求職活動は同日に出来ますから、『認定日+求職活動』『求職活動』『認定日』の順に3回のハロワ訪問を残すのみ。

長い長い失業手当受給の道も、ようやく終わりが見えてきました。




コメント(2) 
前の3件 | - セミリタイア ブログトップ