So-net無料ブログ作成

一人の天才(災?)が現れると物事は進む [日記・雑感]

あまり明確に政治的な事は書くまいなどと思っていましたが、ある意味感銘を受けたので明確に政治色の強い事を書こうかなと。

日本メディアが大好きな表現である「お隣の国」の大統領が、大きな、非常に大きな決断をしました。

実は私も少なからず期待していました。

それをやる事は間違いなく不利、でもムン大統領なら・・・ムン大統領ならやってくれる・・・

そんな期待です。

今のところ、私が考える最良の韓国大統領だと思います。

日本にとってやって欲しいが、韓国にとってやるべきではない。

そんな状況でムン大統領は期待通りの行動をしてくれています。

伝え聞くところによると、それでも支持率が高いそうですね。

見事なWin-Winの関係になれたと思いますよ。

ノムヒョン氏ですら、ここまで見事に日韓関係を正常化させる事は出来ませんでしたから。

本来、隣国関係なんて戦争にならない程度に悪化しなきゃ御の字なんですよ。

隣国だから仲良くなんてメディアは言いますが、そんなに仲良きゃとうの昔に国境無くなっています。

いや、無くなった事ありましたね、資料を見た限りでは仲良しだったようには見えませんけど。

だから再び分かれたのでしょう。

でも、ようやく仲が悪い事を、日本中に、世界中に広く知らしめる事が出来ましたね。

これはムン大統領と言う、近年稀に見る天災・・・じゃなかった天才が現れなければ為せぬ業。

両国にまたがる、日韓友好を騙って利益を得てきた受益者は多いはず。

支持率を維持しつつ、それら全てをぶち壊す。

かのノムヒョン氏ですら日韓基本条約を覆そうとせずに、日本側の親韓勢力から金を引き出すだけで満足していたのを、そんな簡単に金を払うチョロイ親韓日本勢に気を使わずに、いとも簡単に日韓基本条約を根底から覆してしまう。

傑物だと思いますよ、ムン大統領。

その行き着く未来は南ベトナムだと思いますけどね。

まあ希代の傑物ムン氏なら、その状況でも上手く立ち回るんじゃですかね。

立ち回れなくても知ったこっちゃないですけど。




コメント(2)