So-net無料ブログ作成

規則正しい無職生活 [セミリタイア]

規則正しい生活ってのは何かしらの強制イベントが無いと維持できない、そんな風に思っていたころもありました。

己を束縛する社畜生活から抜け出て、いざ自由を謳歌できる無職生活になると、途端に自堕落な生活に陥って、昼夜逆転から夜昼逆転を繰り返すのではないかと。

他の無職人の生活が分からないので私個人に限った事ですが、社畜時代より遥かに規則正しい生活をするようになったと思います。

社畜時代はシステムを止めてからじゃないと作業出来ないなんてザラにありましたし、かと思えばシステムが稼動するので朝の7時から立会いをしてくれなんてのも。

そんな不規則な社畜を辞めて、さらに不規則が加速するかと懸念もしていましたが、人間は何からも束縛されないほうが、かえって規則正しい生活になるようです(サンプル1名)

誰からも干渉を受けないのですから、本来趣味であるゲームもいつやっても良いのです。

ですが、いつの間にか「○時になったな、そろそろゲームで遊ぶか」とか「○時だから夕食の仕度をするか」と、まるでスケジュールに則ったかのような行動になっています。

別に毎日のやる事に変化を与える必要もありませんからね、その方が楽だからそうなるのでしょう。

やばいな、こんなにストレス無く規則正しい生活しちゃうと、私の予定寿命である68歳より長く生きてしまうかもしれん。

そうなったらそうなったで、その時考える事にしよう。




コメント(1)