So-net無料ブログ作成

貧乏人はオクラ食え [家庭菜園]

表題は池田勇人氏が言ったとされる「貧乏人は麦を食え」をもじっただけのものです。

随分と問題視されたらしいですけど、如何せん私が生まれる以前のお話なんでどうでも良い事ですね。

まあ実際には所得に応じたライフスタイルに合わせて、米を買えない人は麦を買って穀物からの栄養を取ってね!ってだけの、至極当たり前な発言だったらしいですけど、今も昔も大手メディアのやり口は変わんねえなってだけの事です。

そしてここからが本題。

オクラ良いですよ~

特に貧乏リタイア酒呑みにはもってこいです。

まあ貧乏でもリタイアしてなくても酒呑みでなくても、オクラがお嫌いでなければ自分で育てるのが一番な食材だと思いますね。

オクラ3.jpg
こいつは昨日と今日で収穫したオクラです。

日照の関係で若干緑が薄いですが味は美味しいですよ。

ちなみにこいつは丸オクラってやつで、スーパーで売ってる角オクラよりも大きくなっても十分食べられる、まさに貧乏リタイア酒呑み向き。

この写真のやつも、市販のオクラの1.5倍くらいの大きさがあります。

オススメポイントはそれだけじゃあございませんよ。

何と!ほとんど手間いらず!

実際、今回の私の栽培優先度は、ナス>ピーマン>オクラの順だったので、プランターも優先順位に従って大きさが変わりました。

つまりオクラは余りものの小さめな鉢だったのです。

でも私には妙な確信があったのですよ、オクラが育ってくれるだろうって。

以前にそれより小さなペットボトルで室内栽培して、2つだけ実を結んでくれたオクラに絶大な信頼を持っていたからですね。

信頼に応えるどころの騒ぎじゃございません。

それ以上ですよ。

4株をプランターと呼ぶには恥ずかしいくらいの小さな鉢で育てているのですけど、1日に1~2個は実を収穫出来ます。

1年で判断するのもどうかと思いますが、育成の容易さは、オクラ>>>>ナス>>>ピーマンですね。

ナス、ピーマンには農薬を使用していますけど、オクラは一切使わないのに一番の収穫量。

ピーマンに見切りをつけたので、来年はピーマンに変わってトマトを栽培しようと思いますが、これの結果次第ではオクラ育成枠がさらに増えるかもしれません。

オクラは本当に楽です、チートが疑われるレベルです。


コメント(6) 

コメント 6

フーテンどんぐり

へえ~、オクラってそんなに楽なんですね。

ピーマンは確かに実がなりにくいですね。私も以前やった時2,3個も取れなかったんじゃないかな。それならシシトウのほうがいいかも。

トマトは大玉のはわかりませんがミニトマトは超簡単です。そんなに世話なくたくさんの実をつけますよ。

ニラも嫌いでなければ簡単ですが2年目じゃないと大きく育たないみたいです。1年目は雑草のように細かったです。w

夏にあれば大活躍する大葉もいいですけど、虫がつきやすいです。

ゴーヤは根がはるし水と肥料を多めにやるのが面倒ですけど、グリーンカーテンは涼しいし、露地でないと実は大きくならないけど、プランターでもそこそこ楽しめます。

引っ越してからは場所が悪いので野菜類は作れそうにありません。(´・ω・‘)ショボーン
by フーテンどんぐり (2019-08-20 19:42) 

招き猫の右手

ほー、そんなにらくちんなら僕もやってみたくなりますね。
オクラは大好きだし。
国産オクラってスーパーだと8本入りくらいで100円以上しますもんね。
by 招き猫の右手 (2019-08-20 21:42) 

昼寝ねこ

オクラ凄いですよね~。54円で買ってきた種で20本くらい育って毎日5本はとれますからね(食べられないけど)。うちも丸オクラです。
僕はそのうちアスパラガスをおススメできるように頑張って育てます!!
by 昼寝ねこ (2019-08-20 23:25) 

sino

フーテンどんぐりさん
コメントありがとうございます。
シシトウはちょっと興味があるので来年の栽培候補になっています。
ニラ良いですよね、既に3年生が頑張ってくれています。
室内水耕栽培の唯一の生き残りですよ。
そのせいで1年目にあまり育たずに3年目でようやく収穫できるようになりましたけど。
by sino (2019-08-21 15:38) 

sino

招き猫の右手さん
コメントありがとうございます。
オクラは本当にラクチンですよ。
多分、このままいけば去年スーパーで買ったよりも多くのオクラを食べられそうな気がします。
オクラ好きならオクラは買うより育てた方がコスパが高いと思いますよ。
花も楽しめますし。
by sino (2019-08-21 15:40) 

sino

昼寝ねこさん
コメントありがとうございます。
オクラは実入りが本当に良いですよね。
食べられない分を私が貰いたいくらいです。
アスパラガスの育成は興味深く読ませて頂いていますよ。
勝手ながら私にとって園芸の師匠だと思っているので、アスパラガス祭りが開催されたら追従しようと狙っています。
by sino (2019-08-21 15:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。