So-net無料ブログ作成

一度あたってからは生で食べてないな [日記・雑感]

社畜時代の頃は呑みに出かけるとよく生ガキを食べたものです。

一度あたった事があって、それ以来、火を通さないカキは食べなくなりましたが、生ガキは酒のツマミとして本当に美味しいですからね。

いくら美味しくても腹下しガチャを引かされるとあっては敬遠したくなるもの。

ところが細菌の増えやすい夏でも食べられる、生食用のカキが開発されたようです。

夏でも生で食べられるカキ 広島で開発 細菌抑える特殊技術で
全国一の生産量を誇る広島特産のカキを夏にも観光客らに楽しんでもらおうと、広島県は新たに生食用のカキを開発し、16日、関係者を集めて試食会を開きました。


まあ読み進んでいくと細菌の増殖を抑えるだけで、無菌状態じゃないので飲食店の取り扱い方次第でしょうけどね。
県では全国一の生産量を誇る特産のカキを夏にも観光客らに楽しんでもらおうと、出荷に必要な技術の開発に取り組んできました。その結果、水産海洋技術センターが養殖する水槽の中の腸炎ビブリオなどを含んだ細菌の数を抑える特殊な技術の開発に成功し、飲食店などへの提供が可能になったということです。


スーパーとかにも出回るようになれば一度試してみたい気もしますが、見切り品にしか手を出さない私ですからね、見切り品の生ガキなんて怖くて生じゃ食べられませんね。

やはり残りの人生で生ガキを食べる事は、もう無さそうな気がします。

まあカキフライでも十分美味しいですから、そいつで我慢しときます。




コメント(2) 

コメント 2

招き猫の右手

生牡蠣うまいですよねえー。
レモン汁かかっててキューっと。
僕は当たったこともあったと思いますがめげずにたまに食べています。
by 招き猫の右手 (2019-07-17 21:35) 

sino

招き猫の右手さん
コメントありがとうございます。
私の当たり方は鮮明に記憶に残るフィーバーだったので、その時に一緒にフィーバーした友人ともども生ガキは及び腰になっちゃいました。
でも美味しいんですよねえ。
by sino (2019-07-18 14:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。