So-net無料ブログ作成
セミリタイア ブログトップ
前の3件 | -

私の想定寿命は68歳 [セミリタイア]

私は寿命の想定を68歳にしています。

何故68歳かと言いますと、あれだけのお金を年金に支払った訳です。
3年ほど年金を貰わないと何か腹立たしいからです。
もっとも68歳まで生きても支給されない可能性もありますが。

それはともかく、40歳時点で既婚男性の平均寿命は約80歳。
未婚の男性はそれより10歳くらい短い約70歳。

そして私の両親の寿命は、父親が71歳、母親が70歳です。
ですので平均寿命が独身と既婚で10歳程度差が出るなら、私は60歳あたりかもしれません。

仮に60歳と仮定すると余生は15年程度しかありません。
働いている場合じゃないですね。
早くセミリタイアしないと。

他のブログを拝見させて頂くと、皆さん80歳や90歳まで大丈夫な計画を立てられています。
私がそこまで安心な計画を立てると、定年まで社畜を勤め上げねばなりません。

そんな生活は真っ平御免です。
予定に反して70歳に達してしまったらどうしましょうかね。
その時は即身仏でも目指しましょうか。




コメント(0) 

心掛けないと節約できないならセミリタイアには向かないのかも [セミリタイア]

まだセミリタイアに踏み切れていない輩の戯言です。

私はリタイアには不十分ですが同年代の人に比べれば貯蓄があると思われます。
これは殊更に貯蓄を心掛けていたわけではありません。
実際には後悔している浪費は山ほどあります。

さらには裕福な家庭に育ったわけでもありません。
日本が総中流時代と言われていた子供時代にウチは貧乏の部類だと子供心に感じる程度に下流家庭でした。

漠然と貯金はしておこうという意識自体はありましたが、その為に何かを我慢しようと考えたことはありません。
元々の興味が金のかからない物に向いていたのでしょう。
要するに収入のほうが支出を上回っていたから貯蓄が出来たわけです。
あ、でも給与は低いですよ、残業嫌いなので元々低い基本給に残業代もほとんど無かったので。

もしセミリタイアを考えている人でその為に何かを我慢しているのでしたら、おそらくセミリタイアに踏み切ってから後悔するのではないかと思います。
本人にはその意識が無いのに傍から見たら節約していると思われるくらいがセミリタイアに向いているのではと思う次第です。


他の方の記事を読むにはこちらからどうぞ(別窓で開きます)
にほんブログ村 セミリタイア生活






コメント(0) 

選択肢が多いのは羨ましい [セミリタイア]

セミリタイアを志向する方や、現に実施している方のブログを拝見させていただくと、羨ましく感じる事があります。

それは色々と選択肢が多い事です。
セミリタイアですので通常より早く、つまりは若い状態でのリタイアですので両親がご健在な方が多くなります。

両親が健在で財産も持っていると本人の選択肢は自然と多くなります。
自身が賃貸にするか、家を買うべきか、実家に住むか、不本意な仕事を続けるべきか、辞めるべきか、いかようにも選択肢を取ることできます。

自身を取り巻く状況が悪いと選択肢は限られてきます。
どのようなセミリタイアをするかなどは考えられません。
せいぜい踏み切るか踏みとどまるかの選択です。

私の父親は31歳、母親は37歳で亡くなり、かつ借家住まいで相続するものなど微々たるものでした。
さらに父親が無くなった翌年に、借家を潰すので出て行って欲しいと言われ、借家はこりごりで持ち家が欲しいと母親に言われて家を購入しましたが、環境が大きく変わった母親に認知症の兆しがみえてました。
一度役所から連絡が来ています。
「言いにくい事ですがあなたのお母さんは認知症かもしれませんよ」と。

まあ自分語りはこのくらいにしておいて、ご両親が健在であるなら油断はしないほうが良いですよ。
高齢の親が体調を崩すと考える間もなく悪化します。

とは言え結局セミリタイアに舵をきったのも親が亡くなって家族の心配が無くなった事も大きいですが。



他の方の記事を読むにはこちらからどうぞ(別窓で開きます)
にほんブログ村 セミリタイア生活






コメント(0) 
前の3件 | - セミリタイア ブログトップ