So-net無料ブログ作成

安酒をさらに追求する [家計]

お酒を安く済ませる為に焼酎甲類と「お酒にプラス」を炭酸水で割って呑んでいました。

そんな中で業務スーパーである商品に出会ってしまったのです。

業務用のレモン果汁1リットルです。

これは挑戦する価値があると思いました。

298円ですし駄目なら料理等に使えば良かろうと。

「お酒にプラス」が540ミリリットルでおよそ500円前後に対して1リットル298円です。

上手くいけば更なる安酒を追求できます。

早速試してみました。

「お酒にプラス」の方も少し残っていたので呑み比べもしてみました。

同時に呑むとやはり「お酒にプラス」の方が美味しいですね。

香料のお陰でしょうか。

ただ298円の方も十分な美味しさでした。

そんなわけで「お酒にプラス」から乗り換えることに決定いたしました。




コメント(2) 

スペイン生まれのニンニクも自分がこんな末路を迎えると思っていなかったでしょうね [食事]

かなり前の事になりますが、見切り品で1球48円でニンニクを5球ほど購入しました。

ニンニクは長持ちするので大丈夫だろうと考えてのまとめ買いです。

産地はスペインでした。

スペインは人件費が安いんですかね?

で、そのニンニクですがまだ2球半ほど残ってました。

さすがはニンニクですね、痛みもせずに丈夫なものです。

ですが暖かくなってきたからでしょうか?芽が出始めてしまいました。

もちろん私はニンニクの芽は大好きです。

社畜時代の頃、日本語の怪しい店員さんがいる中華料理屋でニンニクの芽炒めをよく食べたものです。

ニンニクの芽は中国産しかまず見かけません。

つまりはニンニク状態より価値が下がるので日本産は無いのでしょうね。

要するにニンニクを芽吹かせてしまうと言う事は、折角安く入手できたニンニクの価値を下げてしまうわけです。

タマネギなら芽吹いたら育ててしまうんですが、ニンニクはもったいないので育てたくありません。

かと言ってニンニクなんて大量消費できません。

モルボル並みの臭い息になっても、そこは引き篭もりです何も問題はありません。

問題は胃腸へのダメージですね。

さすがに耐えられる気がしません。

そこで考えたのが醤油漬けです。

ニンニクも醤油も共に美味しくなる、まさにWin-Winの関係と言って良いでしょう。

グーグル先生に作り方をお伺いしたら、作り方は単純明快、醤油に漬けておくだけ。

しかし1ヶ月くらい漬け込んでおく模様です。

ゴールデンウィークあたりに食べる事になりそうです。

失業者の身分ではゴールデンウィークなんて何のありがたみもありませんけどね。

まさかスペインで生まれたニンニクも、日本で失業者のオッサンの手で醤油に漬けられるとは思わなかった事でしょう。




コメント(4) 

手持ちの株が下がれば不安になり上がればチャンスを逃したと思ってしまう [資産運用]

JTが持ち直しつつあるので少しほっとしています。

人間という生き物は欲深なもので、JTが下がっている時には「どこまで下がるのか?」と不安になり、反転上昇しだすと「買い増ししとくんだった!」と考えてしまいます。

上昇したと言っても僅かなものです。

にも関わらず、その様な感情が頭をもたげてしまいます。

まだまだ株価下落の要因はいくらでもあるというのに。

日本がモリカケのカケの人気が無くなってモリだけにメニューを絞る、下らない浪費を繰り返しているなかで、欧米各国がロシア外交官を追放などというキナ臭いニュースもありますし。

米中関係なども先行き不透明なので、株価下落になりうる要素は幾らでもありますね。

短期間の値動きに心を揺さぶられないように、精神修養をしていかないといけません。

食って寝てネットしてゲームしての繰り返しで精神が修養される気はしませんが。




コメント(5)